プロフィール

性別 男性
年齢 20歳
住所 東京都
受験した学部 医学部
受験したのは何年前か 2~3年前

Q1.あなたが医学部を目指したきっかけ、志望大学を選んだ理由について当時を思い出してお答えください。

人の役に立つ職業に就きたいと考えていましたが、父の仕事を見て医師を志すようになりました。親元を離れたかったこともあり関東の大学を志望しまし、私立でしたが学費が比較的安かったので志望校に決めることにしました。

Q2.医学部を受験をした際、試験に向けてどのように学習したのかを当時を思い出してお答えください。

特別な勉強をしたわけではありませんでしたが、予備校に通って一番難易度の高いコースを選択し、必ず授業には出席して、講義を録音しながら自宅で復習もしていました。ただし、入試で出題される多くの問題は基礎的なものが多いので、基礎に費やす時間は多く取るよう努力しました。

Q3.医学部受験ならではの面接や小論文対策について、当時を思い出してお答えください。

面接は正直なところあまり対策はしていませんでした。ただ、質疑応答ができるように清潔感を持って人の目を見ながら話すように心がけました。小論文は通信添削を利用して、起承転結を常に意識して誤字脱字がないように書くよう心がけました。

Q4.学習面以外でのケア(モチベーションの維持、健康管理など)について当時を思い出してお答えください。

健康管理は常に平常心を保つことでした。できるだけ朝早く起きて、夜は早くねるようにして寝不足にならないよう心がけました。モチベーションを維持する方法は必ず努力は報われると信じて疑わないことです。最終的にはどこかに受かりますから。

Q5.医学部で学ぶ上で必要と感じたものについて、当時を思い出してお答えください。

医学部で学ぶというよりは医師になるために医学部で学ぶので、そのために必要なものを考えたほうがいいと思います。必要な学科は言うまでもなく理系ですが、特には生物は今後役に立ちます。あと、論文を読む機会が増えますので、英語は読めるようになっておけば非常に良いのではないかと思います。