プロフィール

性別 女性
年齢 40歳以上
住所 岐阜県
受験した学部 医学部
受験したのは何年前か 10年以上前

Q1.あなたが医学部を目指したきっかけ、志望大学を選んだ理由について当時を思い出してお答えください。

小学校の同級生で、とても仲の良い女の子が亡くなったときに、医師になりたいと思うようになりました。実際に現実化してきたのは、高校3年生のときですが、1浪してさらに医師になりたいと強く思うようになりました。今は天職だと思ってます。

Q2.医学部を受験をした際、試験に向けてどのように学習したのかを当時を思い出してお答えください。

集団指導の予備校である程度の知識を仕入れ、あとは個人で問題集や参考書を中心に学習室や早朝家で勉強していました。朝早く起きて勉強した方が、自分的には頭によく学習内容が入って良かったと思ってます。夜更かしは自分には合っていなかったと感じました。

Q3.医学部受験ならではの面接や小論文対策について、当時を思い出してお答えください。

特に何もしなかったと記憶してます。自分が受験する大学は、あまり小論文にはウエイトを置いていませんでした。面接は、普段通りで良いと色々な方にアドバイスを受け、あえて取り繕うことなくそのままの自分で挑戦しました。

Q4.学習面以外でのケア(モチベーションの維持、健康管理など)について当時を思い出してお答えください。

体はもともと健康体であり、特にケアはしなかったです。モチベーションは1浪したことにより、自分を追いつめていたため、下がることはありませんでした。逆に現役の時の方が、医学部受験を甘く考えていたのでモチベーションっていうものはなかったと思います。

Q5.医学部で学ぶ上で必要と感じたものについて、当時を思い出してお答えください。

いつでも勉強、なんでも勉強、新しいことを学び続けたいという向学心は必須だと思います。常に新しいことを探し、向かい合い、学ばないと臨床はやってはいけません。また、コミニュケーション能力も必須です。患者さんとちゃんとお話しできない人など言語道断の世界です。