予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

しっかりとした目標を持って勉強すべき

プロフィール

性別:
男性
年齢:
21歳
住所:
宮崎県
受験した学部:
医学部
受験した時期:
2~3年前

Q1.あなたが医学部を目指したきっかけ、志望大学を選んだ理由について当時を思い出してお答えください。

父が開業医であり、私もその姿を小さいころから眺めて成長してきました。高校生の頃、将来の進路を決める際に、「仕事として当たり前のことをして、人に感謝される様な仕事が一番だ!」と思いました。カトリック系の学校だった事もあり、神父への道も考えましたが、やはり父の影響か、医学への道をいつの間にか真剣に考えるようになっていました。

Q2.医学部を受験をした際、試験に向けてどのように学習したのかを当時を思い出してお答えください。

高校現役の時には自らの目標がはっきりしておらず、何となく授業を受けたり、学習塾に通っているような状態でした。そのため、現役では合格できず、2年の浪人生活を経て合格する事が出来ました。2年目の時に大手予備校の医師薬コースに入る事ができ、そこでは一生懸命勉強したように思います。

Q3.医学部受験ならではの面接や小論文対策について、当時を思い出してお答えください。

特に面接や小論文対策はしていません。面接はなるようになる、としか考えていませんでしたし、予備校や学校でも特に対策はしていませんでした。小論文のためには朝日新聞の天声人語を読んだりはしていましたが、それ以上は特に対策はしませんでした。

Q4.学習面以外でのケア(モチベーションの維持、健康管理など)について当時を思い出してお答えください。

現役時代、1浪目の時には特に何も気をつけてはいませんでした。2浪目の時には、予備校と寮との間だけを往復する生活で、近くにある繁華街へは行く事はしませんでした。体力をつけるために、寮の部屋で腕立て伏せをしていました。

Q5.医学部で学ぶ上で必要と感じたものについて、当時を思い出してお答えください。

医学部に入学して、一番戸惑ったのは生物の基礎が全く分からない事でした。DNAなど最初はチンプンカンプン。ですので、医学部は理系のトップの位置にあるため、物理・化学受験組が多いと思いますが、高校時代、生物の授業を受けていると、スムーズに大学生活に入り込めるのではないかと思います。

人気の記事

おすすめコンテンツ