予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

高校の勉強をきちんとこなし、規則正しい生活で受験に備えた

プロフィール

性別:
男性
年齢:
34歳
住所:
山形県
受験した学部:
医学部
受験した時期:
10年以上前

Q1.あなたが医学部を目指したきっかけ、志望大学を選んだ理由について当時を思い出してお答えください。

就職難の時代であったため、手に職をつけようと考えました。そこで何か資格をと考えていたときに,どうせならば人の役に立つ資格をとろうと考えました。そして色々悩んだ結果、医師になろうと思い医学部受験を決めました。

Q2.医学部を受験をした際、試験に向けてどのように学習したのかを当時を思い出してお答えください。

とりえずどうしたら良いかを高校の先生に聞いたところ今の志望大学であれば学校の授業を受け、課題をちゃんとしていれば合格できるとの答えがあったので、授業と課題学習をしました。そのうえでわからないことなどは先生に質問したり、参考書を購入したりして勉強しました。

Q3.医学部受験ならではの面接や小論文対策について、当時を思い出してお答えください。

最初に質問されたのはなぜ医師になるのかでした。あと記憶にあるのはその時読んで印象に残った本はなんですか?という質問でした。小論文は無我夢中で何を書いたか覚えていません。受験当日は緊張し、おなかが痛くなりました。

Q4.学習面以外でのケア(モチベーションの維持、健康管理など)について当時を思い出してお答えください。

健康面では、インフルエンザの予防接種を必ず受けるように言われました。あとは睡眠をちゃんととることでした。やる気については、落ちたらもう後がないという背水の陣の気持ちで、必死に小論文の勉強や面接の練習などをしました。

Q5.医学部で学ぶ上で必要と感じたものについて、当時を思い出してお答えください。

選択科目で高校時代に生物をとっていなかったので最初はかなり出遅れた感じがしました。なので講義はちゃんと受けていました。最近は進級するのも以前より困難になってきており、しっかり講義や実習にでたほうが良いと思います。あと将来進みたい科などを講義を受けながらある程度決めておいても良いかもしれません。

人気の記事

おすすめコンテンツ