予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

予備校で医系大学専門の勉強をしたら合格できた

プロフィール

性別:
女性
年齢:
34歳
住所:
愛知県
受験した学部:
医学部
受験した時期:
5~10年前

Q1.あなたが医学部を目指したきっかけ、志望大学を選んだ理由について当時を思い出してお答えください。

幼少期に手術を受けた経験があり、主治医の先生にあこがれて医師になろうと考えました。志望大学は国立大学であればどこでも良いと思い、特にこだわりはありませんでした。結果的にはセンター試験の点数で受験校を決めました。

Q2.医学部を受験をした際、試験に向けてどのように学習したのかを当時を思い出してお答えください。

高校の授業は理系向きではなかったので、塾へ通いましたが、結局は浪人して予備校に通いました。予備校で医系受験用の勉強をし、それが成功につながったと思います。予備校で同じ志の友達ができることもよかったです。

Q3.医学部受験ならではの面接や小論文対策について、当時を思い出してお答えください。

面接や小論文は苦手だったので、入試では面接と小論文のない大学を選びました。予備校には小論文と面接に特化した講習があり、講義を受けたこともありますが、あまり記憶には残っていません。面接は普段のチューターとの会話も練習の1つではないかと思います。

Q4.学習面以外でのケア(モチベーションの維持、健康管理など)について当時を思い出してお答えください。

予備校の友達と一緒に授業を受けるだけでなく、遊びにも行ってストレス発散をすることや、目標を新たにすることができたと思います。土日の授業がない日も予備校に行っていました。勉強するだけでなく気分転換は大事です。

Q5.医学部で学ぶ上で必要と感じたものについて、当時を思い出してお答えください。

臨床に入って実際に医師をすると、講義で聞いてきたことは机上の論理になることもしばしばですが、それは基礎知識として最低限必要で、専門が進むほど、専門科以外は学生時代に学んだ知識のみになってしまうので、大切だと思います。

人気の記事

おすすめコンテンツ