名古屋大学は130余年の歴史を誇るとともに、21世紀を支える医学・医療の拠点として、世界に開かれた教育研究機関、医療機関の構築を目指し、様々な活動を繰り広げている大学です。日本の医療を向上させつつ、国際的な視野を持って医学・医療を開拓できる人材の育成を目標に掲げており、そのため特に力を入れているのが、自立性の尊重と国際感覚の涵養です。3年次の研究発表会で優秀者に海外・国内研修の機会が与えられたり、6年次には欧米の一流大学で臨床実習を行う機会がある、というところなどは、まさにその特徴を表していると言えるでしょう。医学部医学科では基礎的・一般的教養の習得と専門科目の学習とが効率よく行われるよう、6年一貫の教育体制を敷いています。1年次では医学入門を、2年次からは本格的な専門科目の学習として、基礎医学、社会医学、臨床医学を学びます。5年次からは臨床実習が始まりますが、付属病院の全診療科のみならず、学外の関連病院においても実習を受けられる、いうのがこの大学ならではの特徴です。

2017年度募集要項

一次試験 入試日程
試験区分 募集人数 出願期間 試験日 試験会場 合格発表
一般入試(前期) 90名 2016/1/25(月)~2016/2/3(水) 2016/1/16(土)
2016/1/17(日)
センター試験会場 -
一般入試(後期) 5名 t.joint t.joint t.joint -
推薦入試 12名 2016/1/19(火)~2016/1/22(金) t.joint t.joint -
二次試験 入試日程
試験区分 試験日 試験会場 合格発表
一般入試(前期) 2016/2/25(木)
2016/2/26(金)2016/2/27(土)
名古屋大学 2016/3/9(水)
一般入試(後期) 2016/3/12(土) t.joint 2016/3/23(水)
推薦入試 2016/2/8(月) t.joint 2016/2/10(水)
試験科目
試験区分 joint 科目 試験時間 配点
一般入試 一次 国語 80分 200点
t.joint69 t.joint 社会(地理歴史公民から1科目選択) 60分 100点
t.joint70 t.joint 数学 120分 200点
t.joint71 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) 120分 200点
t.joint72 t.joint 外国語 80~140分 200点
一般入試(前期) 二次 国語 150点
t.joint74 t.joint 数学 500点
t.joint75 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) 500点
t.joint76 t.joint 外国語 500点
t.joint77 t.joint 面接 -
一般入試(後期) 二次 面接 -
推薦入試 一次 国語 80分 -
t.joint80 t.joint 社会(地理歴史公民から1科目選択) 60分 -
t.joint81 t.joint 数学 120分 -
t.joint82 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) 120分 -
t.joint83 t.joint 外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語、韓国語から1科目選択) 80~140分 -
t.joint84 二次 プレゼンテーション・面接 - -
学費・納入金
受験料 一般入試 17,000円
t.joint87 推薦入試 t.joint
学費・納入金 初年度 817,800円
t.joint89 6年間総額 3,496,800円

2016年度入試Data

合格者の現浪別内訳

合格者の男女別内訳

合格者の地元占有率

志願・合格状況

前期 後期 推薦
募集人員 90 5 12
志願者 249 65 27
受験者 230 13 20
追加合格者 0 1 0
総合格者 93 6 12
実質合格倍率 2.7 10.8 2.3
入学者 93 5 12

合格得点(繰上合格を含む入学者)

満点 合格最高点 合格最低点
得点 得点率 得点 得点率
前期 2550 2258 89% 1858 73%
後期 非公表 非公表 - 非公表 -
推薦 非公表 非公表 - 非公表 -

セ試ボーダー得点率

前期 後期
89% 94%

2次ランク

前期 後期
67.5~69.9 -

大学基本情報

学部所在地 〒466-8550 愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
アクセス JR・地下鉄鶴舞駅下車、徒歩約5分。
学部学科・定員 医学部=医学科112(うち3年次編入学5)
大学院 医学系研究科=総合医学専攻、医科学専攻(修士課程)
おもな付属施設 附属病院、環境医学研究所、神経疾患・腫瘍分子医学研究センターなど。
設備・施設情報 新しい治療法や予防法を確立するための附属医学教育研究支援センターや、講義が行われる基礎研究棟などがあります。図書館に保管されている書物は、学外からデータベースを検索することが可能です。
クラブ・サークル情報 名古屋大学医学部卓球部、名古屋大学医学部準硬式野球部、医混、ソフトテニス部、硬式野球部、水泳部、バトミントン部、軽音楽部、室内合奏団、スキー部、サッカー部、硬式テニス部、バレー部、ラグビー部、弓道部、ゴルフ部、自転車部など
学食メニュー紹介 2010年4月にリニューアルした医学部食堂があります。量り売りしているビュッフェコーナーや、定食メニューなどがあります。売店ではパン、サンドイッチ、おにぎり、お弁当などを販売しています。
キャンパス周辺情報 近くには名古屋市公会堂があり、定期的に講演会や音楽会などが行われています。他にも陸上競技場や中央図書館など、公共施設が充実しています。
卒業生の就職先 臨床医師として名古屋を中心に全国で活躍しています。主な就職先は附属病院、名古屋市立東部医療センター、国家公務員共済組合連合会 東海病院など
沿革 明治4年に仮病院を設置。大正9年に愛知医科大学を設置。昭和6年に名古屋医科大学、昭和14年に名古屋帝国大学医学部となり、昭和24年に名古屋大学医学部となった。
地図