宮崎大学は、地域医療に貢献し、国際的にも活躍できる優れた医師の育成を目指しています。各学年で義務づけられている授業科目の単位を修得しなければ、次の学年に進級できない学年制度を採用。また、1年次からEMP(English for Medical Professionals)や医学研究者育成コースも開設しています。臨床実習教育を重視し、4年次には診断学実習を、5年次では附属病院の各診療科をまわる臨床実習を、6年次にはクリニカル・クラークシップを学内外で実施。海外での実習や、1~2名のより少人数グループでの密度の濃い実習も行われています。世界最高レベルで進めている『生理活性ペプチドと生体システム制御』に関する研究では、数々の素晴らしい業績を上げてきました。他にも、宮崎県内を一つの周産期医療ネットワークとして構築し、発達機能障害の研究をスタート。全県的に宮崎スポーツメディカルサポートシステムを確立し、スポーツ医学の啓発を行うとともに、スポーツ立県の目標も支えています。

2017年度募集要項

一次試験 入試日程
試験区分 募集人数 出願期間 試験日 試験会場 合格発表
推薦入試 40名 2015/11/30(月)~12/2(水) 2015/12/24(木) 宮崎大学 -
一般入試(前期) 50名 2016/1/25(月)~2/3(水) 2016/1/16(土)・17(日) センター試験会場 -
一般入試(後期) 20名 t.joint t.joint t.joint t.joint
二次試験 入試日程
試験区分 試験日 試験会場 合格発表
推薦入試 2016/1/16(土)・17(日) センター試験会場 2016/2/10(水)
一般入試(前期) 2016/2/25(木)・26(金) 宮崎大学 2016/3/7(月)
一般入試(後期) 2016/3/12(土)・13(日) t.joint 2016/3/21(月)
試験科目
試験区分 joint 科目 試験時間 配点
推薦入試 一次 国語 80分 200点
t.joint71 t.joint 地歴公民から1科目選択 60分 100点
t.joint72 t.joint 数学 120分 200点
t.joint73 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) 120分 200点
t.joint74 t.joint 英語(リスニング含む) 140分 200点
t.joint75 二次 小論文 - 100点
t.joint76 t.joint 面接 - 100点
一般入試(前期) 一次 推薦入試と同じ joint joint
t.joint78 二次 数学 - 300点
t.joint79 t.joint 英語 - 300点
t.joint80 t.joint 面接 - -
一般入試(後期) 一次 推薦入試と同じ joint joint
t.joint82 二次 英語 - 150点
t.joint83 t.joint 総合問題 - 150点
t.joint84 t.joint 面接 - -
学費・納入金
受験料 推薦 17,000円
t.joint87 一般 t.joint
学費・納入金 初年度 817,800円
t.joint89 6年間総額 3,496,800円

2016年度入試Data

入学者の現浪別内訳

入学者の男女別内訳

入学者の地元占有率

志願・合格状況

前期 後期 推薦
(一般)
推薦
(地域)
推薦
(特別)
募集人員 50 20 20 10 10
志願者 338 419 41 26 26
受験者 267 68 41 26 26
追加合格者 非公表 非公表 非公表 非公表 非公表
総合格者 661 23 10 10 10
実質合格倍率 5.5 18.2 4.1 2.6 2.6
入学者 59 20 10 10 10

合格得点(繰上合格を含む入学者)

満点 合格最高点 合格最低点
得点 得点率 得点 得点率
前期 1500 1221 81% 1077 72%
後期 1200 1036 86% 987 82%
推薦(一般) 900 非公表 - 非公表 -
推薦(地域) 900 非公表 - 非公表 -
推薦(特別) 900 非公表 - 非公表 -

セ試ボーダー得点率

前期 後期
85% 88%

2次ランク

前期 後期
65.0~67.4 67.5~69.9

大学基本情報

学部所在地 〒889-1692 宮崎県宮崎市清武町木原5200
アクセス JR南宮崎駅・清武駅から宮崎大学行バスで大学病院前下車。
学部学科・定員 医学部=医学科110
大学院 医科学看護学研究科=医科学専攻、医学獣医学総合研究科=医学獣医学専攻
おもな付属施設 附属病院など。
設備・施設情報 附属図書館、産学・地域連携センター、教育・学生支援センター、フロンティア科学実験総合センター、国際連携センター、産業動物防疫リサーチセンター、情報基盤センターなど。
クラブ・サークル情報 柔道部、剣道部、弓道部、空手道部、準硬式野球部、ソフトボール部、バレーボール部、バスケットボール部、サッカー部、硬式テニス部、ソフトテニス部、卓球部、バドミントン部、ワンダーフォーゲル部、水泳部、モータースポーツ部、ラグビー部、ヨット部、漕艇部、ゴルフ部、ウインドサーフィン部、陸上競技部、ビリヤード部、居合道部、ボクシング部、室内楽部、合唱部、国際保健医療研究会、軽音楽部、生物部、マイコン部、聖書研究会、茶道部、ヒューマン・フォーラム、演劇部、写真部、漢方医学研究会、ESS、宮崎メディカルサークル、美術部、すずかけ太鼓
学食メニュー紹介 栄養バランスが計算された「日替わり定食」が学生に人気です。その他にもメイン、丼物、麺類、小鉢、サラダ、デザートなど様々なメニューが取り揃えられています。また、季節やイベントに応じて、特別メニューやフェアも実施されます。
キャンパス周辺情報 キャンパスの近くには「清武町総合運動公園」があります。プロ野球チームのキャンプに対応できるSOKKENスタジアムや大型コンビネーション遊具「なつなつスタジアム」、散策園路、休憩施設などが設置されています。
卒業生の就職先 宮崎大学医学部附属病院、NTT東日本関東病院、上尾中央総合病院、飯塚病院、荏原病院、大分大学医学部付属病院、鹿児島生協病院、鹿児島大学医学部・歯学部附属病院、鹿児島大学病院、がん研有明病院、九州大学医学部附属病院、熊本大学医学部付属病院、康生会武田病院、九州中央病院、済生会横浜市南部病院、埼玉石心会病院、桜十字病院、迫田病院、潤和会記念病院、昭和大学病院、千葉大学医学部附属病院、市川総合病院、東邦大学医療センター大橋病院、長崎大学医学部附属病院、日本医科大学千葉北総病院など。
沿革 昭和49年に宮崎医科大学を設置し、平成15年に宮崎大学医学部となった。
地図