三重大学医学部の基本理念は、「確固たる使命感と倫理観をもつ医療人を育成し、豊かな想像力と研究能力を養い、人類の健康と福祉の向上につとめ、地域および国際社会に貢献する」こと。優れた知識と技術、豊かな人間性を兼ね備えた、臨床医学、医学・生物学研究あるいは公衆衛生の分野で活躍するプロフェッショナルを養成しています。1年次から行われる初期医学体験実習や3年次後半からのPBL(問題基盤型)チュートリアル教育、基礎系・臨床系の研究室で教員や大学院生とともに研究を行う研究室研究カリキュラム、臨床実習(クリニカル・クラークシップ)など、特色ある教育システムを採用してるのがこの大学の大きな特徴。また、国際化教育にも力を入れており、6年次の約半数が参加する海外臨床実習、3年次までの学生を対象にした早期海外体験実習、海外の交流大学からの学生受け入れ、実践的専門英語教育などが実施されています。地域医療教育として、三重県及び地域の関係教育病院の協力を得て6年を通じ地域で学べる体制も整っています。

2017年度募集要項

一次試験 入試日程
試験区分 募集人数 出願期間 試験日 試験会場 合格発表
推薦入試 40名 2015/12/15(火)~12/18(金) 2016/1/16(土)・17(日) センター試験会場 2016/2/4(木)
一般入試(前期) 75名 2016/1/25(月)~2/3(水) t.joint t.joint t.joint
一般入試(後期) 10名 t.joint t.joint t.joint t.joint
二次試験 入試日程
試験区分 試験日 試験会場 合格発表
推薦入試 2016/2/8(月)・9(火) 三重大学 2016/2/10(木)
一般入試(前期) 2016/2/25(木)・26(金) t.joint 2016/3/8(火)
一般入試(後期) 2016/3/12(土) t.joint 2016/3/23(水)
試験科目
試験区分 joint 科目 試験時間 配点
推薦入試 一次 国語 80分 100点
t.joint73 t.joint 地歴公民から1科目選択 60分 100点
t.joint74 t.joint 数学 120分 100点
t.joint75 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) 120分 200点
t.joint76 t.joint 外国語(英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1科目選択) 80~140分 100点
t.joint77 二次 小論文 - 150点
t.joint78 t.joint 面接 - 300点
一般(前期) 一次 推薦入試と同じ joint joint
t.joint80 二次 数学 - 200点
t.joint81 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) - 200点
t.joint82 t.joint 英語 - 200点
t.joint83 t.joint 面接 - 150点
一般(後期) 一次 推薦入試と同じ joint joint
t.joint85 二次 小論文 - 200点
t.joint86 t.joint 面接 - 100点
学費・納入金
受験料 推薦 17,000円
t.joint89 一般 t.joint
学費・納入金 初年度 817,800円
t.joint91 6年間総額 3,496,800円

2016年度入試Data

合格者の現浪別内訳

合格者の男女別内訳

合格者の地元占有率

志願・合格状況

前期 後期 推薦
募集人員 75 10 40
志願者 267 150 143
受験者 218 22 66
追加合格者 0 0 0
総合格者 76 11 39
実質合格倍率 3.5 13.6 3.7
入学者 75 11 39

合格得点(繰上合格を含む入学者)

満点 合格最高点 合格最低点
得点 得点率 得点 得点率
前期セ試 600 567.9 95% 496.8 83%
前期個別 700 634 91% 529 76%
前期総合点 1300 1201.9 92% 1057.6 81%
後期セ試 600 555.6 93% 519.4 87%
後期個別 300 259 86% 216 72%
後期総合点 900 808.7 90% 755.2 84%
推薦 非公表 非公表 - 非公表 -

セ試ボーダー得点率

前期 前期
(三重県地域医療枠)
後期
87% 86% 90%

2次ランク

前期 前期
(三重県地域医療枠)
後期
67.5~69.9 65.0~67.4 -

大学基本情報

学部所在地 〒514-8507 三重県津市江戸橋2-174
アクセス 近鉄江戸橋駅下車、徒歩約15分。JR・近鉄の津駅東口から三重大学方面行バスで大学病院前下車。
学部学科・定員 医学部=医学科125
大学院 医学系研究科=(博士)生命医科学専攻、(修士)医科学専攻
おもな付属施設 附属病院など。
設備・施設情報 医学部附属図書館、生命科学研究支援センター、臨床研究開発センター、医学・看護学教育センター、電子顕微鏡センター、動物実験施設など。
クラブ・サークル情報 陸上競技部、サッカー部、山岳部、硬式庭球部、ラグビー部、競技スキー部、ソフトテニス部、 ハンドボール部、卓球部、剣道部、バドミントン部、ゴルフ部、バスケットボール部、準硬式野球部、バレーボール部、弓道部、軽音楽部、医学インターネット研究会、国際保健医療研究会、ロック部、医療学生研究会、美術部、小児医療を考える会、東洋医学研究会、SessionサークルBAG
学食メニュー紹介 医学生がよく利用する「第2食堂」はセルフサービスの食堂で、量り売りの惣菜バイキングを実施しています。惣菜は日替わりで種類も豊富なので、学生たちに人気です。また1食につき20円の寄付金が、開発途上国の子どもの学校給食になる「table for two」というシステムを取り入れているのも特徴です。
キャンパス周辺情報 キャンパスは海と川に囲まれた静かな場所にあります。近くの海岸には春から夏にかけて、潮干狩りや海水浴など大勢の観光客が訪れます。また少し離れたところにある「三重県総合博物館『MieMu』 」では、津市で発掘された巨大マンモス“ミエゾウ”の復元骨格や自然科学標本などが見られます。
卒業生の就職先 三重大学医学部附属病院、三重県立総合医療センター、国立病院機構三重病院、市立四日市病院、松阪中央総合病院、伊勢赤十字病院、東京大学医学部附属病院、京都大学医学部附属病院、大阪大学医学部附属病院、名古屋大学医学部付属病院、藤田保健衛生大学病院、国立がんセンター中央病院、国立循環器病センター、日本赤十字社医療センター、名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院など。
沿革 昭和18年創設の三重県立医学専門学校が前身。三重県立医科大学、三重県立大学医学部を経て、47年に三重大学医学部となった。
地図