杏林大学医学部では、社会と人類に貢献できる「良医」の育成を目標に、「教養」「基礎」「臨床」のバランスのとれた6年一貫教育を実施しています。従来の学問体系ではなく、臓器や身体の系統に沿って基礎医学・臨床医学を総合した「総合型カリキュラム」を導入。また、高度先進医療機関と地域医療における基幹病院の性格を併せ持った付属病院を最大限に活用した実践教育も大きな特徴です。1年次から臨床現場を見学し、5年次にはすべての診療科で臨床現場を経験。6年次には診療チームの一員として診療に参加するクリニカル・クラークシップ型の臨床実習によって実践的な診察能力を身につけます。そして、あらゆる診療に通じる臨床能力を育成するために、「参加型・問題解決型」の教育プログラムを実践しています。社会の国際化に伴い、英語によるコミュニケーション能力を重視し、通算4年間、英語学習を必修化。基礎英語はもちろん、少人数のグループで行う英文医学論文購読演習で医学英語も学んでいきます。

2017年度募集要項

一次試験 入試日程
試験区分 募集人数 出願期間 試験日 試験会場 合格発表
センター試験利用入試 25名 2015/12/7(月)~2016/1/15(金) 2016/1/16(土)・17(日) センター試験会場 -
一般入試(地域枠含) 91名(東京都10名・茨城県2名) t.joint 2016/1/22(金) 五反田TOC 2016/1/25(月)
二次試験 入試日程
試験区分 試験日 試験会場 合格発表
センター試験利用入試 2016/2/12(金)または13(土) 杏林大学(三鷹キャンパス) 2016/2/17(水)
一般入試(地域枠含) 2016/1/27(水) t.joint 2016/1/29(金)
試験科目
試験区分 joint 科目 試験時間 配点
センター利用 一次 数学 120分 200点
t.joint65 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) 120分 200点(各100点)
t.joint66 t.joint 英語(リスニングを含む) 140分 200点
t.joint67 二次 小論文 60分 -
t.joint68 t.joint 面接 - -
一般 一次 英語 60分 100点
t.joint70 t.joint 数学 60分 100点
t.joint71 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) 100分 150点(各75点)
t.joint72 二次 小論文 60分 -
t.joint73 t.joint 面接 - -
学費・納入金
受験料 センター利用 45,000円
t.joint76 一般 60,000円
学費・納入金 初年度 10,050,700円
t.joint78 6年間総額 37,550,700円

2016年度入試Data

合格倍率の推移

一般入試志願者数の推移

入学者の現浪別内訳

入学者の男女別内訳

入学者の地元占有率

志願・合格状況

一般 東京都地域枠 茨城県地域枠 センター利用
募集人員 79 10 2 25
志願者 2,622 246 6 1,387
受験者 2,472 238 6 1,356
1次合格者 非公表 非公表 非公表 非公表
2次受験者 非公表 非公表 非公表 非公表
正規合格者 109 10 2 30
補欠者 231 非公表 非公表 185
繰上合格者 非公表 非公表 非公表 非公表
総合格者 非公表 非公表 非公表 非公表
実質合格倍率 22.7 23.8 3 45.2
入学者 80 10 2 25

医師国家試験合格率推移

年度 統計 新卒 既卒
2015 86.80% 92.40% 50.00%
2014 86.50% 87.40% 77.80%
2013 91.20% 93.60% 62.50%
2012 91.90% 93.20% 81.80%
2011 89.60% 91.80% 76.50%

合格得点(繰上合格を含む入学者)

満点 合格最高点 合格最低点
得点 得点率 得点 得点率
一般 350 非公表 - 非公表 -
センター利用 600 非公表 - 非公表 -

セ試ボーダー得点率

センター利用
89%

大学基本情報

学部所在地 〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
アクセス JR中央線・総武線三鷹駅南口または吉祥寺駅南口、京王線仙川駅または調布駅北口から小田急バスで約20分、杏林大学病院前下車。
学部学科・定員 医学部=医学科117
大学院 医学研究科=生理系専攻、病理系専攻、社会医学系専攻、内科学系専攻、外科学系専攻
おもな付属施設 付属病院、高度救命救急センター、総合周産期母子医療センターなど。
設備・施設情報 医学図書館、松田記念館、医学資料情報センター、共同研究施設、研究推進センター、キャリアサポートセンター、国際交流センター、学生支援センターなど。
クラブ・サークル情報 準硬式野球部、バレーボール部、ゴルフ部、サッカー部、軟式テニス部、硬式テニス部、バスケットボール部、ラグビー部、柔道部、空手部、剣道部、少林寺拳法部、アーチェリー部、バドミントン部、アイスホッケー部、端艇部、水泳部、陸上競技部、競技スキー部、ウエイトトレーニング部、スキューバダイビング部、卓球部、ボウリング部、ハンドボール部、管弦楽団、軽音楽部、手話部、ぬいぐるみ病院部、ESS、統合医療研究部
学食メニュー紹介 日替わりメニューは定食だけでなく、日替わりカレー、日替わりラーメン、日替わりうどん・そばなど豊富です。ハロウィン、クリスマスなどはイベントにちなんだ期間限定メニューが食べられるのも魅力!
キャンパス周辺情報 キャンパスの周りは緑が多く、静かでのんびり過ごしやすい環境です。少し足を伸ばすと、日本さくら100選に選ばれた「井の頭恩賜公園」やジブリ作品に触れあえる「三鷹の森ジブリ美術館」などの人気観光スポットがあります。
卒業生の就職先 卒業生の約半数は、杏林大学医学部付属病院で研修生として、卒後研修(2年間)を受けます。研修修了後は、付属病院や県内外の各医療機関で医師として勤務する人や高度な専門知識を修得するために研究者になる人もいます。
沿革 昭和45年に医学部を設置した。
地図