昭和51年に、医療過疎地域を解消する目的で高知医科大学として開学。開学当初から、県内唯一の医育機関として、多くの優れた医師を輩出してきました。多様な社会のニーズに応えられる高い倫理観、使命感、柔軟な思考を持ち、高知県の医療に貢献する医療人の育成を目指しています。「温故知新」「体験学習」「自学自習」「チャレンジ精神」をモットーとした6年一貫教育を実施し、「医学と医療の基本理念」「医学・医療と社会」「個人のライフサイクル」などに分類されたKMSコアカリキュラムを、1年次から年次をまたいで学習。平成23年度に新しく「先端医療学コース」がスタートし、2~4年次の3年間で先端医療開発研究に参画できるようになりました。多くの学生がこのコースに参加し、研究成果も認められています。同年度には、災害・救急医療学講座も開講。近い将来に発生が予想される東南海地震・南海地震に備え、災害医療拠点としての機能を強化しています。現在、多くの卒業生が高知県内および全国各地で医療に貢献しています。

2017年度募集要項

一次試験 入試日程
試験区分 募集人数 出願期間 試験日 試験会場 合格発表
AO入試 30名 2015/8/3(月)~6(木) 2015/8/28(金) 高知大学 2015/9/25(金)
推薦入試 15名 2015/11/1(日)~11/5(木) 2016/1/16(土)・17(日) センター試験会場 -
一般入試(前期) 65名(地域枠10名含む) 2016/1/25(月)~2/3(水) t.joint t.joint t.joint
二次試験 入試日程
試験区分 試験日 試験会場 合格発表
AO入試 2015/10/6(火)~9(金)・10/13(火)~16(金)のうち2日間 高知大学 2015/10/22(木)
推薦入試 2015/12/9(水)~12/11(金) t.joint 2016/2/10(水)
一般入試(前期) 2016/2/25(木)・26(金) t.joint 2016/3/7(月)
試験科目
試験区分 joint 科目 試験時間 配点
AO入試 一次 総合問題 - -
t.joint70 t.joint 小論文 - -
t.joint71 二次 態度・習慣領域評価 - -
t.joint72 t.joint 面接 - -
推薦入試 一次 面接 - -
二次 国語 80分 200点
t.joint75 t.joint 地歴公民から1科目選択 60分 100点
t.joint76 t.joint 数学 120分 200点
t.joint77 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) 120分 200点(各100点)
t.joint78 t.joint 英語(リスニング含む) 140分 250点
一般(前期) 一次 推薦入試二次と同じ joint joint
t.joint80 二次 数学 - 400点
t.joint81 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) - 400点(各200点)
t.joint82 t.joint 面接 - 40点
学費・納入金
受験料 AO 17,000円
t.joint85 推薦 t.joint
t.joint86 一般 t.joint
学費・納入金 初年度 817,800円
t.joint88 6年間総額 3,496,800円

2016年度入試Data

合格者の現浪別内訳

合格者の男女別内訳

合格者の地元占有率

志願・合格状況

前期 推薦 AO
募集人員 65 15 30
志願者 431 69 208
受験者 241 69 208
追加合格者 1 0 0
総合格者 66 15 30
実質合格倍率 6.5 4.6 6.9
入学者 65 15 30

合格得点(繰上合格を含む入学者)

満点 合格最高点 合格最低点
得点 得点率 得点 得点率
前期セ試 950 877 92% 782 82%
前期個別 840 713 85% 524 62%
前期総合点 1790 1509 84% 1366 76%
推薦 非公表 非公表 - 非公表 -
AO 非公表 非公表 - 非公表 -

セ試ボーダー得点率

前期
86%

2次ランク

前期
65.0~67.4

大学基本情報

学部所在地 〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮
アクセス JR高知駅から医大方面行高知県交通バスで約30分、医大病院下車。
学部学科・定員 医学部=医学科110(別に2年次編入学5)
大学院 総合人間自然科学研究科=(博士)医学専攻、(修士)医科学専攻
おもな付属施設 附属病院など。
設備・施設情報 総合情報センター(図書館)、医学情報センター、システム糖鎖生物学教育研究センター、先端医療学推進センター、総合研究センター(海洋生物研究教育施設、実験実習機器施設、RI実験施設、遺伝子実験施設、動物実験施設、南海地震防災支援センター) など。
クラブ・サークル情報 合気道部、アウトドア・HAM・サークル、アジア僻地医療を支援する会、漫画研究会、囲碁・将棋部、裏千家茶道部、映画研究会、合唱団、華道部、空手道部、管弦楽団、漢方研究会、弓道部、軽音部、剣道部、硬式庭球部、ゴルフ部、サッカー部、写真部、蹴球会、柔道部、準硬式野球部、水泳部、水上運動部(漕艇・サーフィン)、留学サークル @World、卓球部、ダンス部、天文部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、美術部、フィールド医学研究会、ボランティア部、ヨット部、ラグビー部、ACT-K、陸上部、バイクサークル、赤龍、ワンダーフォーゲル部、ESS、JAZZ研究会、MHCC、PCサークルDOS/V、Peer部、ダイビング部、フラッグフットボール同好会
学食メニュー紹介 不動の人気NO.1は、「鶏ポン唐揚げ」です。ボリュームがあるのにあっさりしていて、男女ともに人気だとか。そのほかにも定番メニューや季節・イベントごとのフェアなどもあり、様々なランチメニューを楽しめます。
キャンパス周辺情報 高知大学医学部のキャンパスは近くに国分川が流れ、緑豊かな穏やかなところにあります。並びにある岡豊城跡の敷地内には「高知県立歴史民俗資料館」が建てられており、高知県の歴史や民俗を知ることができます。
卒業生の就職先 高知大学医学部附属病院、近森病院、国立病院機構高知病院、高知県立幡多けんみん病院、高知赤十字病院、高知医療センター、細木病院、神戸大学医学部附属病院、京都大学医学部附属病院、浜松医科大学附属病院、三重大学医学部附属病院、自治医科大学附属病院、北九州市立医療センター、愛媛大学医学部附属病院、兵庫県立がんセンターなど。
沿革 昭和51年に高知医科大学を設置し、平成15年に高知大学医学部となった。
地図