豊かな人間性を備えた医療従事者を育成するため、狭義の医学と広義の医学の両方の修得を目指しています。狭義の医学を身につけるための臨床と研究に打ち込みながらも、人文科学や社会科学を学ぶことで深い教養と旺盛な探究心、創造性を鍛えます。また、国際的に活躍できる医療人の育成にも力を入れており、2・3年次を通じて必修の医学英語を開講、各基礎医学科目の講義・実習に積極的に英語で行う部分を取り入れるなど、外国語教育を充実させています。4年次からはチュートリアル教育を開始。臨床的課題を主体とした少人数グループでの自己開発型学習を基礎として、臨床知識を深めるとともに臨床症例に対して問題点を発見・整理・解決する方法を身につけていきます。さらにBSL(ベッドサイドラーニング)教育を導入。文字通りベッドサイドで診断・治療の過程に参加し、より高いレベルの知識と経験を養う実践的教育が行われています。全国に先駆けて学部学生全員を各基礎系医学講座に配置して研究を体験してもらう「基礎配属実習」を行うなど、医学教育のみならず医学研究教育にも力を入れている、というのも大きな特徴です。

2017年度募集要項

一次試験 入試日程
試験区分 募集人数 出願期間 試験日 試験会場 合格発表
AO入試 25名 2016/1/19(火)~1/27(水) 2016/1/16(土)・17(日) センター試験会場 2016/2/4(木)
推薦入試 10名 t.joint t.joint t.joint t.joint
一般入試(前期) 77名 2016/1/25(月)~2/3(水) t.joint t.joint -
二次試験 入試日程
試験区分 試験日 試験会場 合格発表
AO入試 2016/2/8(月) 神戸大学 2016/2/10(水)
推薦入試 t.joint t.joint t.joint
一般入試(前期) 2016/2/25(木)・26(金) t.joint 2016/3/8(火)
試験科目
試験区分 joint 科目 試験時間 配点
AO入試 一次 国語 80分 150点
t.joint69 t.joint 地歴公民から1科目選択 60分 50点
t.joint70 t.joint 数学 120分 200点
t.joint71 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) 120分 200点
t.joint72 t.joint 英語(リスニング含む) 140分 200点
t.joint73 二次 面接・口述試験 - 100点
推薦入試 一次 AO入試と同じ joint joint
t.joint75 二次 面接・口述試験 - 400点
一般(前期) 一次 国語 80分 125点
t.joint77 t.joint 地歴公民から1科目選択 60分 75点
t.joint78 t.joint 数学 120分 50点
t.joint79 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) 120分 50点
t.joint80 t.joint 外国語(英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1科目選択) 80~140分 75点
t.joint81 二次 数学 - 150点
t.joint82 t.joint 理科(物理・化学・生物から2科目選択) - 150点
t.joint83 t.joint 英語 - 125点
t.joint84 t.joint 面接 - 50点
学費・納入金
受験料 推薦 17,000円
t.joint87 一般 t.joint
学費・納入金 初年度 817,800円
t.joint89 6年間総額 3,496,800円

2016年度入試Data

合格者の現浪別内訳

合格者の男女別内訳

合格者の地元占有率

志願・合格状況

前期 推薦 AO
募集人員 77 10 25
志願者 280 31 136
受験者 235 20 非公表
追加合格者 0 0 0
総合格者 77 10 25
実質合格倍率 3.6 3.1 5.4
入学者 77 10 25

合格得点(繰上合格を含む入学者)

満点 合格最高点 合格最低点
得点 得点率 得点 得点率
前期 850 752.658 89% 678.358 80%
推薦 非公表 非公表 - 非公表 -
AO 非公表 非公表 - 非公表 -

セ試ボーダー得点率

前期
90%

2次ランク

前期
67.5~69.9

大学基本情報

学部所在地 〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町7-5-1
アクセス 地下鉄大倉山駅下車、徒歩5分。JR神戸駅から市バス9で大学病院前下車。
学部学科・定員 医学部=医学科115(うち2年次編入学5)
大学院 医学研究科=(博士)医科学専攻、(修士)バイオメディカルサイエンス専攻
おもな付属施設 附属病院など。
設備・施設情報 附属図書館、神緑会、動物実験施設、地域医療活性化センター、総合臨床教育センター、感染症センター、膜生物学・医学教育研究センター、Kobe Journal of Medical Sciences、バイオシグナル研究センター、都市安全研究センター、保健管理センター、情報センターなど。
クラブ・サークル情報 ラグビー部、野球部、サッカー部、硬式テニス部、ソフトテニス部、バトミントン部、卓球部、ヨット部、空手道部、水泳部、柔道部、剣道部、男子バスケットボール部、男子バレーボール部、女子バスケットボール部、女子バレーボール部、スキー部、ワンダーフォーゲル部、ウインドサーフィン部、ゴルフ部、合気道部、ハンドボール部、フットサル部、写真部、軽音楽部、クラシック音楽愛好会、美術部、ESS、東洋医学研究会、システム医学研究会、IFMSA-KOBE、小児病棟ボランティア(Open Future Club)、C.N.F
学食メニュー紹介 一番人気は毎日違ったメニューが楽しめる「日替わりランチ」です。栄養士が栄養バランスを考えた「栄養士メニュー」・「バランスセット」も人気!そのほか、メイン・サイドディッシュ、カレー、丼、うどん・そば・ラーメンなどもあります。
キャンパス周辺情報 キャンパスは最寄駅の「大倉山駅」からすぐ近くの場所にあります。隣には「大倉山公園」があり、中央図書館、体育館、野球場、遊具、神戸文化ホールが設備されています。
卒業生の就職先 甲南病院、六甲アイランド病院、神戸労災病院、神鋼病院、神戸市立医療センター、神戸中央市民病院、神戸百年記念病院、神戸市立医療センター西市民病院、兵庫県立こども病院、神戸医療センター、西神戸医療センター、兵庫県立リハビリテーション中央病院、加古川西市民病院、西脇市立西脇病院、高砂市民病院、市立加西病院、三木市立三木市民病院、県立加古川医療センター、公立神埼総合病院、公立宍粟総合病院、兵庫県立姫路循環器病センター、公立八鹿病院、兵庫県立柏原病院、兵庫県立淡路病院、済生会中津病院 、高槻病院など。
沿革 明治2年創設の医学伝習所が前身。昭和19年に兵庫県立医学専門学校を設置。昭和21年の兵庫県立医科大学、昭和27年の神戸医科大学を経て、昭和39年に神戸大学医学部となった。
地図